エゴ夫婦バージョン

ここは純情ロマンチカのエゴイストチーム・
のわヒロのラブ生活のシムピ日記です。
BLですので注意。


J「グッバイハネムーン」
 野分
 「…ヒロさんが好きです。」
 弘樹
 「わかってるって…//」
 
 野分
 「俺は何度言っても足りない
 くらいヒロさんが好きなんです。」
 
 弘樹
 「俺はそんなに口に出せない…」

 野分
 「でも、ヒロさんも俺のこと
 好きですよね?」
 弘樹
 「あたりまえだ…」

 野分
 「ヒロさん…」 
 弘樹
 「(何度もキスとかしてても
 ドキドキしてしまうくらい
 すげえ好きだなんて言えるか…っ//)」

 やはりヒロさんは照れ屋さんです。
 又三郎もかまってほしくて
 部屋に来ました。
 ラグも白いのでわかりにくいですが、
 野分にナデナデされてます。
 野分
 「ヒロさん、俺、
 結構たくましいでしょう?」
 弘樹
 「ああ、そうだな…//」

 弘樹の母
 「(二人の邪魔したら悪いわね…)」

 
気をきかせてここはスルーする母。
 弘樹
 「でも俺だって負けねえぞ!」

 
ここでも負けず嫌いが出るヒロさん。
 野分
 「ヒロさん、かわいい…」

 弘樹
 「んっ…ばか…」


 酔ってるのか、人前でもかまわず
 濃厚なキスをしている二人。
 今夜もこの部屋で寝ます。
 今日は本当に寝るだけ。(笑)
 ヒロさんが野分の夢を見てます。
 夢の中でも一緒なんですね。
 翌朝、シャワーを浴びる野分。
 野分
 「そろそろ帰らなきゃ…」
 野分、記念におみやげを買いました。
 お母さんは最後に知らない人と
 ジャグジーに入ってました。

 弘樹の母
 「息子の新婚旅行に一緒に
 来たんですよ。今日、帰るんです。
 楽しかったわ。」

 女の人
 「そうなんですか。良かったですね。」
 というわけで、みんな
 家に帰ってきました。
 そして野分がホテルで買った
 おみやげをヒロさんにプレゼント。
 弘樹
 「ありがとな。野分…」
 野分
 「旅行、楽しかったですね。」

 弘樹
 「ああ。」
 弘樹
 「たまにはまた家族旅行しような。」

 野分
 「はい。」
 猫は家に帰ってきて
 おトイレに入ってました。
 やっぱり家の方が落ち着くのかな。










つづき