クラピカ王国家


ここはH×Hのパラレルワールドです。
表なので裏ほどBL要素はありませんが
基本クラキルです。
シムピ日記のページです。




24話「腕相撲×強い?×弱い?」
 ゴン、バーベルで腕を鍛えています。
 ゴン
 「キルア、腕相撲やろう!!」

 キルア
 「よし!負けねえぞ!!」
  
 キルア
 「クッソ〜ッ!負けた!!」

 
 ゴン
 「やったー!オレの勝ち!!」
 キルア
 「ちくしょう!体なまってるな…」

 
キルアもバーベルで鍛え始めました。
 
 今度はレオリオとクラピカの対戦です。

 レオリオ
 「フフン、オレ様は力では自信があるんだぜ!」
 クラピカ
 「よし、勝負だ!!レオリオ!」
 レオリオ
 「お?結構やるな…」
 
 レオリオ
 「でも…負けねえぞ!」
 クラピカ
 「くっ…!!」

 
クラピカ負けてしまいました。
 レオリオ
 「ハハッ、どうだ!」

 クラピカ
 「クソッ!悔しい!!」

 キルア
 「クラピカ、疲れてんだよ。
 おっさん、調子のんな!」
 クラピカ
 「キルア、私は自分が情けない…」

 キルア
 「気にすんなよ、クラピカ。」

 レオリオ
 「ヘッヘ〜ン!」
 レオリオ
 「オレ様に力で勝とうなんざ無茶なのさ!」
 キルア
 「次はオレが相手だ!」
 レオリオ
 「ガキだからって容赦しねえぞ!」
 キルア
 「うっ…!結構やるな…」
 キルア
 「でも負けねえ!!」

 レオリオ
 「うわっ!?」
 レオリオ
 「クッソ〜!ガキに負けるなんて…」

 キルア
 「オレはただのガキじゃねえ。
 なめんな!」
 キルア
 「クラピカの敵はうったぜ!」

 レオリオ
 「それでムキになってたのかよ…」
 今度はレオリオとゴンが対決。
 キルア「ゴン、負けんなよ!!」

 ゴン「絶対勝つ!!」
 ゴン「うう…」
 ゴン
 「負ける…もんかっ!」

 レオリオ
 「おおっ!?」
 
 レオリオ
 「くっそ〜!ガキ二人に負けた!!」

 ゴン
 「やった!オレの勝ち!!」
 キルア
 「やったなゴン!」

 キルア
 「ありがとう、キルア。」


 ちなみにキルアは本当は本気出したらみんなの
 腕折ってしまうかもしれないくらい強いです。












シムトップにもどる