ミトさん家


ここはH×Hのパラレルワールドです。
表なので裏ほどBL要素はありませんが
基本クラキルです。
シムピ日記のページです。



C「畑作り×お手伝い×告白」
 あれ?ミトさんが庭で何かしています。
 ゴン
 「ミトさん、何してるの?」

 ミト
 「野菜を育てようと思って。」
 ゴン
 「へえ…」
 キルア
 「なんか大変そうだな…」
 ミト「あいたた…腰が…」

 ゴン
 「無理しないでよ、ミトさん。」
 ゴン
 「オレも手伝うよ。」

 ミト
 「ありがとう、ゴン。」
 キルア
 「んじゃオレも。」

 ミト
 「悪いわね。キルア。」
 結構本当に体力使います。
 これだけでもだいぶ手間がかかるのです。
 ミト
 「ふう。終わったわ。キルアもおつかれさま。」

 キルア
 「いや…べつに…」
 ミト
 「本当にありがとね。」

 キルア
 「ハハッ、よせよ!くすごったい!!」
 汚れたのでシャワーを浴びて…
 ご褒美にカキ氷です。
 キルア
 「ヤッタ!うまそう!!」

 ミト
 「フフ、キルアは甘い物が好きね。」
 ミト
 「ところで、ゴン、いつまでここにいられるの?」

 ゴン
 「うん…それなんだけど…」
 キルアは庭で焚き火。
 キルア
 「ゴン、いつ帰るのかミトさんに
  言ったのか?」

 ゴン
 「うん…」
 ゴン
 「明日帰ろう…」

 キルア
 「え?予定よりずいぶん早くね?」
 ゴン
 「キルア、早く帰りたいでしょ?」

 キルア
 「え?べつにオレは…」
 ゴン
 「オレ、知ってるよ…キルアと
 クラピカのこと…」

 キルア
 「ゴン…!」
 ゴン
 「二人は付き合ってるんでしょ?
 一緒にいればわかってくるよ。」

 キルア
 「ゴン…隠しててごめんな…
 なんか言いづらくて…はずいし…」

 ゴン
 「いいんだよ。そんなキルアの
 気持ちもわかってる。」

 キルア「ゴン…」
 キルア
 「レオリオにはクラピカが言ってあるんだけどさ。」

 ゴン
 「レオリオはクラピカの相談相手だしね。」

 キルア
 「ていうか、あのおっさんにはクラピカには恋人が
 いるってわかっててもらわないとアブねえ気が…」

 ゴン
 「大丈夫だよ。レオリオは女の人しか興味ないから。」

 
はい、ここではレオリオはノーマルです。








つづき




シムトップにもどる