ミトさん家


ここはH×Hのパラレルワールドです。
表なので裏ほどBL要素はありませんが
基本クラキルです。
シムピ日記のページです。



D「ビール×電話×クラピカ家に行こう」
 じつはミトさんもお祭りに行っていました。
 イケメンと一緒にビール飲んでます。
 でもその人は妖精さんに恋してる人なので
 ダメですよ。
 ミト
 「そうだ!せっかく浴衣を着たんだし、
 ゴンのいるクラピカ王子の所に挨拶に行っちゃおう!」

 
ミトさん、ゴンに電話してます。
 ミト「ゴン、何か買って行こうか?」
 ゴン
 「何も持ってこないでいいよ、ミトさん。」
 そして、ミトさんは初めてクラピカ家に来ました。

 ミト
 「まあ、あなたがクラピカ王子様ですか。
 ゴンがいつもお世話になっています。」

 クラピカ
 「こちらこそ。さあ、どうぞ。」
 ミト
 「ゴン、やっぱり何か持ってくるんだったわ。
 クラピカ王子ってやっぱりステキね。」

 ゴン
 「ミトさん…言っておくけど
 クラピカには婚約者がいるからね。」
 ミトさん達はアイスを食べてました。
 
 そこに来た執事にも挨拶するミトさん。
 キルア
 「ここにいると何でも買ってもらえるからさ。」

 ミト
 「本当にすごいわね。みんな元気そうで安心したわ。」


 そしてミトさんは帰って行きました。
 キルア
 「ゴン、ミトさんに会えて嬉しかったろ?」

 ゴン
 「うん。でもあまりしょっちゅう来られたら
 迷惑かけそうだからもう来ないでほしいな…」
 レオリオ
 「ミトさんて美人だけど俺はもう少し若い方がいいな。」

 クラピカ
 「レオリオ!おまえはそういうことしか
 考えていないのか!?」
 

 呆れるクラピカでした。












シムトップにもどる