ミトさん家


ここはH×Hのパラレルワールドです。
表なので裏ほどBL要素はありませんが
基本クラキルです。
シムピ日記のページです。



A「庭遊び×木馬×本読み」
 次の日の朝、ゴンはお庭の花に水を
 あげるというお手伝いをしました。
 キルアは庭でケンケンパー。
 かわいいです。
 ミト
 「ゴン!キルア!ご飯よ!!」
 キルア「ゴン、今日は何して遊ぶ?」

 ゴン「とりあえずオレの部屋行こうよ。」
 キルア
 「でも遊び道具はこれだけだぜ?」
 キルア
 「よいしょっと!」
 ゴン
 「それはオレが小さい時に
 買ってもらったんだ。
 あ、クラピカからメールが着てる。
 『二人共楽しくやってるか?』だって。」
 キルア
 「それだけ?」

 ゴン
 「うん、あとは…
 『ゆっくりしておいで』って。」
 キルア
 「う〜ん…なんかごちゃごちゃあるけど…」
 ゴン
 「キルア踊ろうよ!」

 キルア
 「…気がのらねえ。ちょっと小腹が減ったな…」

 ゴン
 「キッチンにポテトチップがあるよ。」 
 キルア
 「…クラピカ、なんかもう少しオレに
 メッセージくれてもいいのに…」

 
ゴンのパソコンにヘタなこと送れないでしょ;
 
 ミト
 「ゴン…ここに座って。」

 ゴン
 「え?膝の上に?」
 ミト
 「昔はよくこうして冒険物の本を
 読んであげたわね。」

 ゴン
 「ミトさん、ちょっと恥ずかしいよ。
 キルアが見てるし…」

 キルア
 「どうぞ気にせずに〜。」
 ミト
 「たまにはいいじゃない。ゴン、
 私、あなたに会えて嬉しいのよ。」

 ゴン
 「ミトさん…」
 キルア
 「ゴンの奴、甘えちゃって…ハハ…
 (でもあれいいな。今度オレもやってもらおう。
 クラピカに…)」

 
こちらは違う思いで…;










続き


シムトップにもどる