クラピカ王国家


ここはH×Hのパラレルワールドです。
表なので裏ほどBL要素はありませんが
基本クラキルです。
シムピ日記のページです。



@「朝ごはん×お風呂×就寝」
 ゴン
 「キルア、ここの暮らしは
  もうなれた?」
 

 キルア「ああ…まあな。」
 キルア
 「飯もうまいし。
  さすが王家だよな。」

 ゴン
 「ミトさんの料理の方がオレは
  好きだけどね。」
 キルア
 「なあ、この国、UFOが出るって
  本当か?」
 ゴン
 「オレはまだ見たことないけど、
  話は聞いたことあるよ。」


 そう、シムの国ではあることを
 するとUFOにさらわれることも
 あるのです。 
 キルア
 「あ、おはよう。クラピカ。」

 クラピカ
 「ああ、おはよう、キルア。
  よく眠れたか?」

 キルア「うん。」
 クラピカ
 「レオリオ、遅いぞ。何時だと
  思ってるんだ?」
 レオリオ
  「うるせえなあ。オレは昨日、夜
  遅くまで仕事で忙しかったんだよ!」

 クラピカ
 「規則正しい生活をしないと
  いけないぞ!」

 キルア
 「クソッ、抹茶パフェしかなかった。」


 ゴン
 「キルア、オレの半分食べる?」
 キルア「ゴン、サンキュー。」

 クラピカ
 「だいたいレオリオは仕事ではなく、
 夜に妙な物を見てることが多いだろう?」

 レオリオ
 「妙な物って何だよ?てか、子供の
  前でそういうこと言うな!!」
 その後風呂に入るレオリオ。

 レオリオ
 「まったく…あいつはうるさいよなー。」
 クラピカ
 「おまえが入っていたのか…失礼。」

 レオリオ
 「お、ちょうどいい。話は男同士風呂で
 裸になって話そうぜ。」
 

 クラピカ
 「それは遠慮する。」

 
クラピカはおっさんの裸には抵抗があるようです。
 クラピカはやはり読書が趣味です。  
 今度はキルアとゴンがお風呂に入ってます。

 ゴン
 「キルア、もしUFOが来たらどうする?」


 キルア
 「うーん…そうだな…」
 キルア
 「ビデオにとっておけば高く売れるかな?」
 
 キルア
 「そしたらなんでも好きな物買えるぜ?」
 

 ていうか、王家なんだから何でも
 買ってもらえるでしょ。 
 ゴン
 「オレだったら宇宙に行ってみたいな。」
 
 キルア
 「つーか、さらわれたらやばくねえ?」 
 
 もう夜なので寝ましょう。
 キルアはゴンと一緒です。  
 レオリオは大人のテレビを見てます。;
 クラピカはシャワーを浴びています。 
 レオリオも寝ます。
 しかしその姿はどうだろう…;
 そしてサングラスしたまま;   
  クラピカはさすが豪華なベッド。
 おやすみなさい。 










続き


シムトップにもどる