クラピカ王国家


ここはH×Hのパラレルワールドです。
表なので裏ほどBL要素はありませんが
基本クラキルです。
シムピ日記のページです。



A「芸術×お風呂×ねんね」
 クラピカ
 「キルア、この部屋は気にいってるか?」
 

 キルア「うん、ゴンと一緒で楽しいし。」
 キルア
 「よし、オレもゴンに続いて魔法の杖ゲット!
  何してイタズラしょうかな?」

 クラピカ
 「こら、イタズラに使うんじゃない!」
 クラピカ
 「遊び程度にしておけ。おもちゃなら
 いくらでも買ってやる。」
 キルア
 「ヤッター!クラピカ、サンキュー!!」


 クラピカ
 「ちょ…っ…くすぐったい!キルア!!」
 クラピカ
 「まったく…おまえが元気で何よりだが…」

 キルア「クラピカ…」
 クラピカ
 「これはキルアが描いたのか?
 なかなか芸術的だな。」


 キルア
 「そう?」
 クラピカ
 「すばらしいぞ。キルア。」

 キルア
 「はずいよ、こんなことで…」
 クラピカ
 「私も芸術センスを磨くか…」

 ゴン
 「クラピカ、何描いてるの?」
 クラピカ
 「なんとなくイメージした模様だ。」


 ゴン
 「フーン…よくわかんないや。」
 クラピカ
 「おまえも芸術の勉強をした方がいいぞ。
  ゴン。」

 ゴン
 「
げいじゅつってよくわかんないもん。」
 クラピカ
 「例えばこれも芸術だ。音楽も素晴らしいぞ。」
 ゴン
 「さすがクラピカ、何でも上手だね。」


 キルア
 「すげえ!」
 クラピカ
 「お前達も練習すれば
 できるようになるはずだ。」
 

 ゴン
 「オレはいいよ。」
 キルア
 「オレやってみよう。」
 
 ゴン
 「どう?キルア?」
 
 キルア
 「うーん…やっぱ難しいな…」 
 
 クラピカ
 「いや、初めてにしては上出来だぞ。」
 
 
 ゴン
 「やっぱりキルアはすごいや。」
 そのころレオリオはというと…
 ゆっくりスチーム風呂でリラックスしてました。 
 レオリオ
 「ふう…気持ちいいな…」
 キルア
 「また絵描いてんの?誰それ?」

 クラピカ
 「パクノダというモデル雑誌の女性だ。」

 キルア
 「…好きなの?」

 クラピカ
 「そういうわけではない!!」

 クラピカ
 「まったく…キルアは
  結構ヤキモチやきだな…」
   
 クラピカ
 「キルア!どうした?」
     
キルア
 「今日は一緒に寝ていい?
 何もしないからさ…」
 
 クラピカ
 「しかたないな…大人しく寝るんだぞ。」
 キルア
 「ダメだ!やっぱり寝付けない!!」

 
裏で満足させてもらってください。
 










続き


シムトップにもどる